睡眠で体重を落とす

睡眠で体重を落とす

しっかりと睡眠をとっていますか。睡眠不足は太る原因の一つになるので注意しなければなりません。昔から寝る子は育つと言われている様に、就寝中と言うのは体内の色々な機能が活発に動く時間です。健康に生きる為に不可欠なホルモンなどもそうですが、しっかりとした睡眠時間をキープ出来ていないと、身体のバランスが崩れる可能性が高く、その結果痩せにくい身体にシフトチェンジしてしまう事を理解しておきましょう。

 

睡眠をただ取れば問題解決という訳ではなくて、質の高い睡眠を取る事が重要になっています。例え8時間しっかり睡眠を取った場合でも、質の悪い睡眠で体と脳が休めていない状態ならば、結果的にあまり寝ていない4時間睡眠の方と変わらないと言っても良いでしょう。まず第一に自分が何時間睡眠をしているのかを明確にしましょう。

 

とある研究結果では、例え同じ量の食事をしたとしても、睡眠時間が多い方が摂取したカロリーをより上手に消費出来る事が判明されています。諸説様々ですが、睡眠時間が少ないと必然的に起きている時間が増えてお腹が空き、カロリー摂取量自体が増加してしまっているのが原因となっている様です。その一方で体重を落とす事を普段意識していない方でも、睡眠が足りていない事で食欲が削がれる事があります。しかし、その様な場合でも体重が増えやすくなっている事が研究結果で出ています。

 

ダイエットで過度に体重を落とそうと頑張っている方の場合に、お腹が空き過ぎて夜眠れないという事が充分起こり得ると思いますが、その様なダイエットは効率が悪いダイエットと言えるので見直す必要があります。せっかく頑張ってカロリー制限を行っているのに睡眠不足とストレスで太ってしまうのは忍びないですよね。


楽天オススメ商品


アドセンス広告