体重と年齢

体重と年齢

若い頃はどんだけ食べても太らなかったのに、年をとってからすぐ太ってしまうと嘆いている方は少なくないでしょう。これには幾つかの理由があります。まず第一の理由としては、新陳代謝能力が弱くなってしまったからです。若く元気な頃はちょっとした肌荒れ程度ならば、いつの間にか治ってしまったものです。しかしながら、年を取ってからは適切な処置または予防策をしておかないと治りにくいものです。

 

何故加齢が進むと治りにくくなるのかと言うと、体内にあるヒアルロン酸やコラーゲンの絶対量が減少してしまったからです。これは体重にも同様の事が言えます。若い頃は何を食べても太らずに平気だったのに、今ではちょっと間食するだけで太ってしまうと頭を抱えている方は多いです。

 

新陳代謝は古い細胞を除去して新しい細胞を生み出しますが、これは18?20歳を頂点にして下降線を下ってしまいます。新陳代謝は効率良く痩せる為には必要不可欠の機能になる為、20歳をピークにどんどん痩せにくい体に変化していってしまいます。この点をしっかりと理解しておく必要がありますね。また、運動をするのが大変になる点も中々体重が減らない原因の一つです。若い頃は沢山動けましたが、40代を超えた当たりから軽いウォーキングやジョギングだけでも大きな負担になりかねないので、持続するのが困難です。

 

無理のないダイエットで確実に脂肪を落とす為に、40歳以上の方がサイトや本で紹介されている運動系のダイエットを選択するのであれば、その記載されている内容の半分程度の時間や回数からスタートする様にしましょう。体重を落としてダイエットが成功する前に体を壊してしまっては本末転倒なので、半分でも厳しいと感じる様ならば更に半分にして運動を行う様にしましょう。


楽天オススメ商品


アドセンス広告